土砂災害の監視・警報に!

平成13年4月から施行された土砂災害防止法に見られるように、土砂災害に対する関心は高まるばかりです。災害を未然に防ぐためには、危険地域を日常から監視・計測する必要があります。坂田電機では、土砂災害を監視し、異常時には警報を伝えるシステムを開発し、世の中の災害防止に役立てたいと考えております。

土砂災害の監視・警報システムのご案内

土石流

土石流の発生を、ワイヤーの移動・切断により瞬時に検知して、アラーム、サイレン、回転等などで危険警報を広報するシステムをご紹介いたします。

地すべり地

地すべり地を監視して危険時に警報を出す為に、設置が簡単で安価な、地すべり地の地表面変位と傾斜角を測定する警報器・センサーをご紹介いたします。

急傾斜地

急傾斜地を監視して危険時に警報を出す為に、設置が容易で低価格なシステムをご紹介いたします。

のり面

のり面の崩壊は降雨、地震などが原因であり、鉄道、道路などに接近していることが多いため大事故につながる危険があります。

落石

鉄道・道路沿いなど、広範囲の斜面の監視を低価格で実現できるシステムをご紹介いたします。

砂礫移動モニタリング

砂礫が何処へ移動したか追跡するシステムです。

状況に合わせて、自由にシステムをカスタマイズできます。まずはお問合せください。

計測器・センサー製品、計画のご相談は坂田電機まで