1. HOME
  2. 工事別計測機器
  3. 地中無線通信システム
  4. 地中無線通信システム
ダム・河川・海中の実績1000台、地中無線システム

地中無線通信システム

地中・水中・空気中など、あらゆる場所において、計測ケーブル不要のデジタル無線通信が可能です。
通信距離は、地中100m、海中40m。さらに、任意のスケジュールでデータ収集が可能で、内蔵電池によって長期観測・運用ができます。
ワイヤレスセンサ ラインナップ
間隙水圧計
土圧計
海底沈下測定システム
ポータブル受信器
沈下計
傾斜計
特長

  • 検出器とデータ送信機を一体型にしたセンサのシステムです。
  • 地中、水中(海中)、空中を問わず無線通信を行うことができます。
  • 低周波数を使用しているため、特定通信資格を必要としません。
  • スリープ機構を採用し、必要な時に地中部にデータの送信を指令し、送られてきたデータを受信収集しますので、長期間の計測にも対応することが可能です。

計測例
海中埋立工事の沈下測定

埋立工事での、海底地盤への盛土による沈下量計測に使われております。海中に設置した沈下計や間隙水圧計、傾斜計により、全沈下量や変位量などを計測し、データを海上の受信アンテナへと送信します。
» 海底地盤沈下測定システム
ダムの計測
ダム堤体内に埋設した水圧計や変位計からのデータを、監査廊や地上部の受信アンテナに送信します。ケーブルが不要であるため、ダムの施工性や経済性の向上効果が期待できます。
» ダム計測
山留の堀削精度管理
SMW工法では、パイルドライバにより地盤に挿入されたオーガヘッドが原地盤とコンクリートミルクを撹拌してコンクリート柱を作り、この柱を連続させて地中壁を造成しています。地盤中の柱と柱の間に間隙が出来ないように、オーガヘッドは地盤中を垂直に掘り進む必要があります。このため、オーガヘッド付近に傾斜計を2台(X,Y方向)取り付けて、その角度データを地上へ送り、垂直度を管理する計測システムに地中通信システムは応用されています。
» 山留計測
盛土工事の沈下計測
大規模盛土沈下計測
基盤内部に固定点を設け基線ロッドを立ち上げ、地盤表部に連続式沈下計を設置し、沈下もしくは隆起が直接的に計測可能な計測器です。 盛土中にロッドがなく、盛り立て施工が容易になります。
【カタログ / お問合せ】
カタログ Wirelesssensor_chichu.pdf
お問い合わせ&お見積りのご依頼
お気軽にお問い合わせください

計測器・センサー製品、計画のご相談は坂田電機まで