ケーブルレスで海底地盤沈下測定!
弊社の地中通信システムは、配線無し、15年以上連続稼動、高精度を実現しております。
 
その高い信頼性と優れた機能は、数々の賞を受賞いたしました
平成14年度 文部科学省 文部科学大臣賞 受賞
第33回 市村産業賞 功績賞 受賞
'99東京発明展 日刊工業新聞賞 受賞
 
システムの特徴

 一般に水中に設置される機器のデータ回収は、有線通信もしくは、機器のそのものを回収して行っています。これは一般的な無線通信では減衰が著しく大きいためです。

 弊社の地中通信システムは特殊な伝送手段を採用することにより、無線による海中でのデータ伝送を可能にしました。
本システムは従来と比べて配線、養生に関する経済性および損傷などの観点から非常に有益です。

 地中、水中(海中)、空中を問わず、無線通信を行うことができます。
 通信距離は地中で70m、海中で40mを実現しました。
 低周波数を使用しているため、特定通信資格を必要としません。
 省電力システム(スリープ機構)であるため、電池寿命が長く、長期間の計測に対応します。

 
システム構成
大まかに2つに分けられます。
センサ類のデータを収集し、地上へ送信します。センサは水圧式沈下計 層別沈下計を接続します。
必要な時に地中部にデータの送信を指令し、送られてきたデータを受信収集します。
 
 
仕 様(一般)
通信距離:
40 m(海中)
伝送速度:
75 bps
計測期間:
約10年(目的に応じて設定可能)
センサ :
目的に応じて複数接続可能(水圧計、沈下計など)
外形寸法:
地中部
データ送信器
φ318×540(H)
   
受信アンテナ
φ216×143(H)
 
地上部
送受アンテナ
φ292×486(H)
   
受信アンテナ
φ620×60(H)
   
送受信制御器
300(W)×141(H)×235(D)
 
計 測 例
火力発電所の建設に伴う海岸埋立による敷地造成工事において、施工管理を行うために海底地盤の沈下量を計測した例です。
 

設置断面図

測定データ
 
実  績

おかげさまで、全国で250基以上ご利用いただいています。

関西国際空港、中部国際空港、岩国空港、ポートアイランドなど

カタログページはこちら→
 

計測器・センサー製品、計画のご相談は坂田電機まで