変位計・ひずみ計
 

差動トランス型のひずみ計は、その構造上特に4つの大きなメリットがあります。

1.ゲージ長が長いため、平均的なひずみを取ることができます。

2.頑丈で耐久性が高く、長期的に使用できます。
  (コンクリート内部にも埋設可能です)

3.切梁等の鋼材に取り付けた場合、センサ内部の鉄心押さえ棒(連結棒)が鋼材と同等の線膨張係数であるため、温度影響をキャンセルできます。

4.線膨張係数が鋼材と近似する連結棒先端の鉄心とコイルの相対変位を非接触で測定するので、応力に依存するひずみを測定することができます。

   
変位計・ひずみ計 型式 ダウンロード 備考・関連ページ
1   変位計 EDL-5000,EDL-5000W PDF:1,110kB  
2   ユニバーサル変位計(内空変位計)   PDF:52kB  
3   継目計 EDL-5000WJ PDF:202kB  
4   パイプ式バーニアスケール MM-21,30,EDL-030 PDF:303kB  
5   テープ式バーニアスケール MM-27C-20 PDF:260kB  
6   ひずみ計/切梁ひずみ計 ESN-515/ESN-525 PDF:208kB  
7   ひずみ計関連部品   PDF:275kB  
8   ひずみ計 ESN-520 PDF:197kB  
9   コンクリートひずみ計 ESN-515 PDF:218kB  
カタログはPDF形式(Adobe Acrobat形式)にて公開しております。
ダウンロードする場合は、ダウンロードするファイルの上でマウスを右クリックし、 ”対象をファイルに保存”を選んで下さい。
 
お気軽にお問合せ下さい。

計測器・センサー製品、計画のご相談は坂田電機まで