1. HOME
  2. 工事別計測機器
  3. ダム
  4. リバースプラムライン(ワイヤ位置検出器)
ダム・河川・海中の実績1000台!

リバースプラムライン(ワイヤ位置検出器)

リバースプラムラインでは、ダム堤体直下の基礎地盤にボーリングを行い、不動岩盤までケーシングパイプを埋設して、アンカーを用いてワイヤを最下部に固定します。
ワイヤをフロートと呼ばれる装置を用いて吊り上げ、常に重力方向に安定させます。
上端(または中段)に設置したワイヤ位置検出器を用いて堤体の水平変位を測定します。
プラムライン
特長

  • ワイヤの位置をCCDセンサにより光学的に非接触で測定するため、可動部や吊り下げワイヤのトラブル(引掛り、切断)がありませんので、高精度の測定が可能です。
  • 光源はLEDですので、長寿命です。
構成
リバースプラムライン
仕様
検出方式 光学式CMOSイメージセンサ
測定範囲 100mm×100mm(X、Y方向)
測定精度 0.1mm
電源 AC100V±10% 50/60Hz
仕様温度範囲 -10~40℃
寸法 300×273×82mm(突起部除く)
質量 約8kg
その他(オプション) データ表示器、手動ワイヤ位置検出器
【カタログ / お問合せ】
カタログ n-plumb-line.pdf
お問い合わせ&お見積りのご依頼
お気軽にお問い合わせください