地すべり 斜面の移動量から崩壊までの余裕時間(崩壊予測時間)を予測するシステムです。
システム構成例

崩壊予測システムは、斉藤方式・福囿方式の崩壊予測演算を使用して崩壊予測時間(何分後に崩壊するか)を求めます。また、手動入力処理の他、自動測定にも対応し、画面表示の他、作表、経時変化図のプリンタ出力(印刷)にも対応したシステムです。

・手動処理  Microsoft Excel *)を用いてデータの手入力と演算処理を行い、移動量・崩壊予測時間・雨量のグラフを表示します。

・自動処理  自動計測システムよりデータを読込んで演算等を行い、リアルタイムに、移動量・崩壊予測時間・雨量のグラフを表示します。

*) Microsoft ExcelはMicrosoft社の製品です。
 
画面表示例

地すべり記録器はこちら →

お気軽にお問合せください。→

計測器・センサー製品、計画のご相談は坂田電機まで