挿入式傾斜計、手動傾斜計
特徴
・設置された測定管の深度毎の傾斜量の測定から、水平変位量の算出が行えます。
・測定管は用途毎に選択できます。
・挿入式傾斜計は予想変形量に応じて、測定管を選択できます。
・測定管設置深度は100m程度まで可能です。
・記録はデジタル表示を野帳に記録する方式と、データ集録を半自動で行う方式が選択可能です
・測定を全て自動で行う、自動傾斜計という方式も選択できます。
・山留壁の変形計測等でコストを抑えたい場合は、角パイプ用挿入式傾斜計も選択可能です。
仕様
型式 ①一般測定用:EIN-5015G、EIN-5030G、EIN-5060G
②角パイプ用:EIN-5030GZ1
変換方式 差動トランス
測定範囲 ①一般測定用
EIN-5015G: ±43.62mm/m(±150分)
EIN-5030G: ±87.16mm/m(±300分)
EIN-5060G: ±173.65mm/m(±600分)
②角パイプ用
EIN-5030-GZ1:±87.16mm/m(±300分)
分解能 0.01mm/m
非直線性 0.2%F.S以内
温度特性 0.012%/℃以下
許容温度範囲 -30~80℃
絶縁抵抗 50MΩ以上
使用ケーブル PVC-30M、PVC-50M、PVC-100M、PVC-200M 
(数字部分はケーブル長を示す)
(補強線入一括シールドポリエチレン絶縁ビニールシースケーブル
5×0.3mm² 1m毎にレングスマーク付き)
重量 本体1.5kg メジャーケーブル0.1kg/m
関連製品
測定管 ①一般測定用
1.U-15F、U-35F、U-18F、U-38Fタイプ
主に盛土中で使用するタイプです
両端にアルミ継手を差し込み使用します

2.U-15、U-35、U-18、U-38タイプ
表面を塗装処理し、耐蝕性を増した
タイプです
上下の測定管継手の雄雌をはめ込んで
接続します
測定器 挿入式傾斜計用指示計:EM-52
挿入式傾斜計の専用の指示計です。
深度1mに対する側方変位をmmで表示するため、データ計算・整理を簡単に行えます。
この他にEM-51、EM-51T、EM-571T型の指示計を使用して測定が可能です。

地中変位収録器:EL-201
挿入式傾斜計専用のデータ収録器です。
測定値を演算、グラフ化して液晶画面に表示するため、データの確認が容易にできます。
また、シリアルポートを用いてPCへの転送が可能なため、データ整理の時間短縮が図れます。
傾斜計関連(PDF)
自動傾斜計 SS傾斜計 IDO傾斜計 回収型傾斜計 多段式傾斜計
一般測定関連
地下水位計 間隙水圧計 層別沈下計 土圧計 ひずみ計
荷重計 地すべり計  

計測器・センサー製品、計画のご相談は坂田電機まで